上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VFSH0134.jpg


今日のカクテルは「カカオ・ミルク」
体調悪いとか言いながら飲んでます。
まぁ、頭が回らないんで、簡単なのを選びました。

レシピは
カカオリキュール(ブラウン) 30ml
ミルク 30ml
フレッシュクリーム 30ml
をシェイク
ロックグラスに注ぐ。

なんかレシピによってはビルドスタイルが書かれていることもあるんだが、シェイクにしました。

あ、これは美味い。
甘くて飲みやすいし。
グラスホッパーが飲めない人でもこれなら大丈夫かと。
ミルクチョコレート??
スポンサーサイト
VFSH0133.jpg


今日のカクテルは「ホワイト・ルシアン」
カクテル「ブラック・ルシアン」に生クリームをフロートしたバリエーション。
厳冬のロシアの大地をイメージして作られた。
コーエン兄弟監督映画『ビッグ・リボウスキー』でジェフ・ブリッジズ扮するデュードがこよなく愛した、アメリカで大人気のカクテルである・・・らしい。

レシピは
ウォッカ       40ml
コーヒーリキュール  20ml
生クリーム      20ml
ウオッカとコーヒーリキュールをロックグラスに入れて軽くステア。
その後生クリームをフロートさせる。

色のコントラストがきれいですなぁ~。
ただアルコールはきつい。
生クリームをフロートさせるのもいいし、かき混ぜてカフェオレ風にしてもいいですね。
大人の味です。
2007.02.21 ルルド
VFSH0131.jpg


今日のカクテルは「ルルド」
ルルドといえば、南フランスの泉の名で、聖母マリアの奇跡で有名ですね。
杖をついて療養にきた人が,帰りには杖を置いて帰ると言われています。

レシピは
ウオッカ      1/3
ピーチ リキュール 1/3
生クリーム     1/3
アマレット     1tsp
をシェイク

うん、甘口。
アマレットの風味が自分的にはあわないみたい。
ピーチの香りが強ければいいかなぁ~。
「ピーチバニー」ほどは甘くないかな。
てかこれのどこが「ルルド」??
花粉症のせいか鼻が詰まっているんで、味が分かりにくいです。

因みにこのカクテル、大東洋之氏の遺作です。
VFSH0128.jpg


今日のカクテルは「ゴディバ・モカ・アーモンド」
なんかカカオばかり摂取している気がします。
ごでばだぜ!

レシピは
ゴディバ     30ml
ミルク 40ml
アマレット 10ml
ココアパウダー 小さじ1杯
をシェイク。
氷を入れた大型ロックグラスに注ぎ、ミントの葉かオレンジスライスを飾る。

ミントやオレンジはないんでパス。
ココアパウダーもないんで省略。

アマレットの味が強かった。
もう少し少なくてもいいかも。
味はチョコレートミルクみたい。
ゴディバとミルクだけでもいいかなぁ~。
VFSH0127.jpg


今日のカクテルは「アルティメート・チョコレート・マティーニ」
すっげー名前だよ。
究極だよ!
ほんとにこんなカクテルあるのかよ(藁)

レシピは
ウォッカ 35ml
フランジェリコ 1tsp
ホワイトカカオ 1tsp
ゴディバリキュール 1tsp
クレムドカカオ 1tsp
生クリーム 1tsp
をシェイク
で、チョコレートを飾るそうだが、ないんでパス。

ウオッカはストリチナヤバニラがほんとらしいんだが、ないんでスミノフで代用。
あ、これは飲みやすい。
ほんのりと香るヘーゼルナッツの香りがまたいい!
生クリームが濃厚ならもっと美味しいかも。
甘さは抑えられていますが、アルコールはきついです。
VFSH0125.jpg


今日のカクテルは「キャッスル・オブ・スワン」
なんか幻想的な名前です。

レシピは
フランジェリコ リキュール 2/4
クレームドカカオ(ホワイト) 1/4
生クリーム 1/4
パイナップルジュース 2tsp
をシェイク
半分をスノースタイルにしたカクテルグラスに注ぐ。
最後にカクテルの表面に、ナツメグで白鳥を描く。
ま、白鳥は描けないんでパス。

あめぇがうみゃい。
ケーキみたいな味だよ。
もっとシェイクしたほうが美味しいかなぁ~。
生クリームももっと濃厚なほうが美味しいかも。
奥が深い・・・。

ちなみにこのカクテルは銀座のバー「AGT」のバーテンダー市川友紀さんのオリジナル。
2000年IBA(世界バーテンダー協会)ドイツ大会で優勝したカクテルです。


上が作ったやつ
下がオリジナル

p0728_037_01_02.jpg

2007.02.10 雪椿
VFSH0124.jpg


今日のカクテルは「雪椿」
某店のメイドさんに作ってもらいたいです。

レシピは
ウオッカ /スミノフ 3/6
クレーム ド フランボワーズ 1/6
クレームドカシス 1/6
をシェイク
カクテルグラスに注いだあと、生クリーム 1/6を浮かべる

色のコントラストがキレ~。
ゼリーに生クリームをかけたみたい。

口の中で生クリームの濃厚さとカシス&フランボワージュの酸っぱさが絡み合って面白い味。
アルコールはきつい。
個人的には甘さが足りないかと。

ちなみにこのカクテルは「銀座テンダー」の上田和男さん作
2007.02.06 ラクゥエル
VFSH0121.jpg


今日のカクテルは「ラクゥエル」
何語なんでしょうねぇ~。

レシピは
ウオッカ 3/10
パルフェ タムール 2/10
ブルーキュラソー 2/10
チェリーブランデー 2/10
生クリーム 1/10
をシェイク

ちょっと分量が分かりにくいです。
だもんで
ウオッカ 20ml
パルフェ タムール 15ml
ブルーキュラソー 15ml
チェリーブランデー 15ml
生クリーム 1tsp
としてみた。

なんかすごいものが出来ました。
味も微妙。
パルフェタムールとチェリーは会わないのかもしれないなぁ~。
有明並みの濁った色合いです。

なんかこのカクテル、1990年 第19回 I.C.C. メキシコシティ(メキシコ)大会 アフターディナー部門 第1位 だって。
VFSH0120.jpg


先月のマッソル月間は無事終了しました。
で、今月は生マッソル月間wwww
いや、生クリームを買ったんで。

今日のカクテルは「ロイヤル・ルシアン」

レシピは
ウオッカ            30ml
グリーンペパーミントリキュール 30ml
生クリーム           20ml
グレナデンシロップ       1dash
をシェイク
グラスにマラスキーノチェリーを沈める。
でもマラスキーノチェリーはないんでパス。

グラスホッパーほどではないが甘口。
でもミントが多いから、好みが別れるかなぁ~。
モンダミン入りの生クリームみたい。
アルコールは強いですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。