上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.31 ドローレス
VFSH0149.jpg


今日のカクテルは「ドローレス」

レシピは
ブランデー 30ml
チェリー・ブランデー 15ml
クレーム・ド・ホワイトカカオ 15ml
をシェイク
グラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを飾る。
でもマラスキーノチェリーはないんでパス。

カカオ風味のチェリー味でしょうか。
そこにブランデーの甘さがある。
大人の味ですなぁ~。
甘すぎるのがダメな人にはいいです。
これもアルコールはキツイ。
スポンサーサイト
VFSH0144.jpg


今日のカクテルは「ポワール・カー」
ポワールとはフランス語で洋梨のことです。

レシピは
ブランデー 30ml
リキュール・ド・ポワール 20ml
レモンジュース 10ml
をシェイク

初のブランデーベースです。
かなり酸味がきついです。
洋梨の風味が好きな人にはいいかも。
ちょっと好みが別れるかなぁ~。
ちょっと時間がたって慣れてくると飲みやすくなってきました。

カクテルに詳しい人は気づいているでしょうが、「アレキサンダー」の変型判です。
VFSH0143.jpg


今日のカクテルは「フライア・タック」
フライアとはキリスト教の托鉢僧のことだそうです。

レシピは
フランジェリコ   40ml
レモンジュース 20ml
グレナデンシロップ 1tsp
をシェイク
グラスに注いだあとオレンジスライスを一切れ飾る。
でもオレンジスライスなんてないんでパス。

ヘーゼルナッツの香りがすごい。
甘酸っぱくて、ナッツの香りがする、なんと不思議な味。
色と香りが合ってない気がするが、はまる人にははまるかも。
カクテルの違う一面が見れたかも。
見ただけだとさっぱり系なのにヘーゼルナッツの濃厚な香りが・・・。
慣れると美味しいです。
VFSH0142.jpg

今日のカクテルは「アフター・ディナー」
名前の通り食後酒として飲まれるカクテルです。

レシピは
アプリコット・ブランデー   2/5
オレンジ・キュラソー     2/5
ライム・ジュース       1/5
をシェイク

なんかヨーロッパでは「アフター・サバー」と呼ばれているらしい。
ヨーロッパで「アフター・ディナー」とオーダーすると、ブルネル・ブランデーとチェリー・ブランデーを使ったカクテルになるそうな。

さっぱりとした甘口のカクテル。
脂っこいものの後にはいいかも。
アプリコットがもう少し少なくてもいいかな。
アプリコットの後味が苦手な人には合わないかなぁ~。
これも夏向きのカクテルです。
VFSH0141.jpg


今日のカクテルは「コルクスクリュー」

レシピは
ホワイト・ラム 30ml
ピーチ・リキュール 15ml
ドライ・ベルモット 15ml
をシェイク
カクテルグラスに注いだあとレモンピールをかける。
でもレモンピールがないんでパス。

あ、独特の味。
ラムの風味とピーチの甘い香り、そこにドライベルモットの辛さが加わって不思議な味。
日本酒に近い味かなぁ~。
甘党なんで好みではないんだが、辛口の日本酒が好みならちょうどいいかも。
刺身に合うかなぁ~。
2007.03.12 カチンカ
VFSH0139.jpg


今日のカクテルは「カチンカ」
カチンカとはロシアの代表的な女性名で、エカテリーナの愛称です。
帝政ロシアの辣腕で知られる女帝もまた、エカテリーナでした。
重厚な香りと色は女帝にふさわしい雰囲気を持っています。

レシピは
ウォッカ     30ml
アプリコットブランデー     15ml
ライムジュース     15ml
をシェイク
カクテルグラスに注ぎ、氷を1~2個いれ、ライムを飾ります。
でもライムがないんでパス。

カクテルグラスで氷を入れるのは珍しいですね。
杏の甘酸っぱさとライムの酸味がきいて飲みやすい。
夏向きのカクテルですね。
アルコールも強いはずですが、あんまり感じさせない。
甘すぎるのがダメな人にはちょうどいいかも。
2007.03.07 マイアミ
VFSH0138.jpg


花粉症であんまり味が分かりません。
それでも作って見ます。

今日のカクテルは「マイアミ」
アメリカで最も有名なリゾート地のマイアミをイメージした、穏やかなカリブの海風のようなカクテルらしいです。
似たような名前でウイスキーベースの「マイアミ・ビーチ」というカクテルがあります。

レシピは
ホワイト ラム    2/3
ホワイトキュラソー  1/3
レモンジュース    1/2tsp
をシェイク

ラムの味が濃厚です。
すっきりとした味わいに、強いアルコール。
大人のカクテルですね。
VFSH0137.jpg


今日のカクテルは「ガストウ・カクテル」

レシピは
ウオッカ 2/5
クレーム ド バイオレット 1/5
ホワイトキュラソー 1/5
ライムジュース 1/5
をシェイク

このカクテルは椿山啓史さんの作
1968年 横浜明治100年記念カクテルコンペティション アマチュアの部 優勝作品

ブルームーンのような色合い。
ウオッカベースなんでブルームーンよりも飲みやすい。
アルコールは強いけど、飲みやすい。
名前の意味は分からんが、飲みやすい。
VFSH0135.jpg


今日のカクテルは「プリンセス・メアリー」
1922年に行われたメアリー女王の結婚記念に、ロンドンにある「シローズ・クラブ」のハリー・マッケルホーン氏が創作したと言われています。

レシピは
ドライ・ジン 30ml
クレーム・ド・カカオ 15ml
生クリーム 15ml
をシェイク
レシピによってはナツメグを振りかけたりするらしい。

カクテルに詳しい人はもうお気づきでしょうが、ジンをブランデーに変えると「アレキサンダー」、ウオッカに変えると「バーバラ」、ラムに変えると「アレキサンダーベイビー」になります。
因みにこのカクテル、別名「ジン・アレキサンダー」とも言われています。

ジン独特の薬のような味が無くなって飲みやすい。
前に作った「アレキサンダーズ・シスター」より、こちらの方が大人の味。
カカオ好きにはいいかも。
あ、ゴディバを使えばよかった・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。