上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンフル・サマー
今日のカクテルは「シンフル・サマー」

レシピは
ホワイト・ラム        30ml
スロー・ジン         10ml
グレナデン・シロップ     10ml
パイナップル・ジュース    90ml
をシェイク
クラッシュドアイスを詰めたグラスに注いだあと、フルーツを飾り、ストローをさす。
面倒なのでクラッシュドアイス、フルーツ、ストローはパス。

あ、これも美味しい。
甘口です。
アルコールの味がしないんでグビグビ飲めますが、あとから来ますね。
「セックス・オン・ザ・ビーチ」と同じようなカクテルでしょうか??
女性受けはいいかも。

因みにこのカクテル、鈴木恒己さん作
1981年 サントリートロピカルカクテルコンテストグランプリ
「罪深い夏」の意味だそうです。
スポンサーサイト
サマー・ファン
今日のカクテルは「サマー・ファン」

レシピは
ブランデー        30ml
クレーム・ド・バナナ   15ml
パイナップル・ジュース  90ml
オレンジ・ジュース    90ml
をシェイク
タンブラーに注ぎ苺を飾る。
でも苺はないんでパス

ジュースみたいです。
1/3がジュースですから当たり前ですか。
ほのかにブランデーの味がしますね。
ブランデーとバナナがこれほど合うとは。
ちょっと以外でしたね。
夏以外にも飲みたいカクテルです。
サマー・ミント
今日のカクテルは「サマー・ミント」

レシピは
グリーン・ペパーミント   10ml
コアントロー        10ml
ガリアーノ         10ml
パイナップル・ジュース   30ml
グレープ・フルーツ・ジュース30ml
レモン・ジュース      30ml
をクラッシュドアイスと一緒にブレンダーにかける。
でもブレンダーないんで、長めにシェイク。
フルート型シャンパングラスに注ぎミントの葉やマラスキーノチェリーを飾る。
どっちもないんでパス。

あ、これはうみゃい。
甘酸っぱいジュースにほのかにバニラの香りとミントの味が。
絶妙です。
甘党にはちょうどいいです。
色も黄緑色で綺麗ですよ~。
クラッシュドアイスを詰めたいんですが、そこまで準備はできませんでしたよ。
グレープフルーツジュースが古くて味が変わってたんですが、ちゃんとしたので作るともう少し甘さが抑えられるかなぁ~。
サマー・タイム
今日のカクテルは「サマー・タイム」

レシピは
ホワイト・ラム     50ml
ゴールド・ラム     10ml
パイナップル・ジュース 40ml
オレンジ・ジュース   40ml
レモン・ジュース    20ml
グレナデン・シロップ  1dash
をグラッシュドアイスを詰めたグラスに入れてかき混ぜる。

甘酸っぱい味。
サッパリと言う感じではないです。
ラムが入っているのでアルコールもしっかりしているが、口当たりはいいのであんまりガブガブ飲むと酔いが回りそう。
ラムの味もあんまりしないんで、ラムが苦手な人でも大丈夫かも・・・。
どの辺がサマータイムなんでしょうね。
マイ・トウキョウ
今日のカクテルは「マイ・トウキョウ」

レシピは
ウイスキー          3/6
オレンジ・キュラソー     2/6
コーディアル・ライムジュース 1/6
をシェイク
マラスキーノチェリーを飾る。
でもないんでパス。
コーディアル・ライムジュースもないんで普通のライムジュースに少しガムシロップを加えました。

サッパリした中に少し甘さがあります。
ウイスキー独特の味わいが消えて飲み安くなってますよ。
アルコールは強めだと思いますが、そうは感じないです。
夏場向けのカクテルですね。

このカクテルは上田芳明さん作
1964年東京オリンピック記念サントリーカクテルコンペティション優勝作品
フレンドリー・カクテル
今日のカクテルは「フレンドリー・カクテル」

レシピは
ウオッカ       2/3
ホワイト・キュラソー 1/3
オレンジ・ジュース  1tsp
レモン・ジュース   3dash
をシェイク

アルコールの味がするカクテルです。
オレンジ・ジュースにホワイト・キュラソーなので酸味が強いですよ。
これは一杯飲んだら十分なカクテルですよ。
ちょっと苦味もあります。

このカクテル、西川義信さん作
1971年 札幌オリンピック記念カクテルコンペティション 優勝作品
2008.08.09 オリンピック
オリンピック
今日のカクテルは「オリンピック」

レシピは
ブランデー       1/3
オレンジ・キュラソー  1/3
オレンジ・ジュース   1/3
をシェイク

甘口の飲みやすいカクテルです。
オレンジ、オレンジしていますね。
ブランデーとオレンジ・ジュースは合いますね。
でもアルコールはしっかりしていますよ。

このカクテル、1924年にパリで開催されたオリンピックを記念して作られたカクテルだそうですが、76年経った今もそのレシピは引き継がれています。
意外に長い歴史のあるカクテルなんですね。
ゼニス・クーラー
今日のカクテルは「ゼニス・クーラー」

レシピは
ドライ・ジン       45ml
パイナップル・ジュース  20ml
シュガー・シロップ    10ml
ソーダ          適量
グラスに入れかき混ぜる。
グラスにパイナップルを飾る。
でもないんでパス

甘口の飲みやすいカクテル。
パイナップルジュースが古いせいか、風味がないんですが、飲みやすいカクテルです。
炭酸もあって夏向けのサッパリした味わいですね。
材料は新しくないとだめですね。
2008.08.01 マンハッタン
マンハッタン
今日のカクテルは「マンハッタン」
カクテルの女王とも呼ばれていますね。

レシピは
ライ・ウイスキー     3/4
スィート・ベルモット   1/4
アンゴラスチェラビターズ 1dsh
をミキシンググラスでかき混ぜる。
カクテルグラスに注いだあと、マラスキーノチェリーを飾る
でもないんでパス

やや甘口のカクテル。
アルコールは強めですがそれを感じさせない味です。
薬草のような味が好みが分かれるところかと。
女性に人気のなカクテルらしいですが、こんなの飲んだらすぐに酔うかも。
ステアによって味わいも変わるでしょうから、マティーニと一緒で作る人によって味わいも変わりますよ。
あんまりうまく出来なかったよ orz

あ、ライ・ウイスキーにはカナディアン・クラブを使いました。
一番あわせやすいんですよね。
それに安いですしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。