上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.30 マーメイド
マーメイド
今日のカクテルは「マーメイド」

レシピは
メロン・リキュール       20ml
ティフィン・ティー・リキュール 10ml
フレッシュクリーム       30ml
をシェイク
氷入りフルート型シャンパングラスに入れ、マラスキーノチェリーを飾る。
でもないんでパス

甘いです。
メロンシャーベットのような味です。
テフィンの味はしませんねぇ~。
香り付けのためでしょうか??
「メロンホッパー」のあっさり版と言う感じです。
アルコールはしっかりしていますよ。
スポンサーサイト
2008.10.21 ジプシー
ジプシー
今日のカクテルは「ジプシー」

レシピは
ウオッカ        45ml
ベネディクティン    15ml
アロマチック・ビターズ 1dash
をシェイク

かなり強いです。
ベネディクティンの薬っぽい味が独特ですね。
甘苦い感じでしょうか。
好みが分かれますかねぇ~。
身体にいいのかなぁ??
2008.10.16 銀座 Zenith
久々行ってきました。
2ヶ月ぶりぐらいでしょうか。
銀座もしばらく行かないと知らない店が出来ていますねぇ~。

久々なのでちょっと迷いつつお店に着きました。
重厚なドアを開けると、マスターの須田さんが変わらない笑顔で出迎えてくれました。
バーテンダーの野原さんも健在です。

最初の一杯は相変わらず「ガルフストリーム」をオーダー。
フレッシュなパイナップルが入ってきていると言うことで、その場でパイナップルを搾ってジュースにしてくれました。
ピーチリキュールを少なめにして、サッパリ味に仕立て上げてくれた。
ちょうどハナマサステーキで食べてきた後なので、サッパリした味わいが気持ちいいです。

そのあとは野原さんとおしゃべり。
新しく買った時計を見せてみたり、バーボンについていろいろ聞いてみたり、オメガのカフスをカフスをすすめて見たりと、いろいろ話しておきました。

普段行かないバーに来ると、ZOIDとかにないお酒が飲みたくなります。
この日は「宮城峡」を飲んでみました。
あんまりくせもなく飲みやすいです。
アルコール度は45度と高く、一口飲んだときはむせましたけど。
少し氷が解けてくるとちょうど飲みやすくなってきました。
少し甘口のウイスキーですね。

あとはいろいろ教えてもらったバーボンを。
1杯目は一番のお勧めである「エライジャ・クレイグ」を飲んでみる。
これもくせがなく飲みやすいです。
甘みとかのあんまりなかったかなぁ~。
ビンの形も独特ですね。
2杯目は「ジム・ビーム 黒ラベル」を
こちらの方が飲みやすいです。
アルコール度が低いせいでしょうか。
なかなか奥が深いです。

他のお客さんが帰られたので店内には一人。
須田さんと1時間ぐらいしゃべっていましたよ。
ゴルフや熱帯魚について。
いろいろ詳しい方です。

で、21時ごろにお店について24時直前までいました。
3時間も。
お騒がせしてしまいましたよ。
飲んだのが4杯で6500円。
それ以外におかきや落花生、洋梨、ぶどうを頂きました。
それも含めてこの値段でしょうか??
銀座の高級なバーにしてはお手軽かも・・・。
2008.10.14 新緑
新緑
今日のカクテルは「新緑」

レシピは
ウオッカ            2/4
ガリアーノ           1/4
コーディアル・ライム・ジュース  1/4
をシェイク

コーディアル・ライムジュースの酸味と甘さ、そこにガリアーノの香りが加わって、面白い味になっています。
すっきりした味わいのカクテルですよ。
アルコールはきつめです。
色合いも綺麗ですよ。

因みにこのカクテル、名前からも分かるように日本人の作です。
住友厚司氏の創作。
1965年 カクテル コンペティション 優勝を受賞しています。
テネシー・ワルツ

久々のカクテル日記です。
体調不良が長引いていたので自宅での飲みを控えていました。
こんばんは。

今日のカクテルは「テネシー・ワルツ」
バーテンダー12巻からです。

レシピは
カカオリキュール   40ml
グレナデン・シロップ 10ml
ソーダ        適量
をグラスに入れてかき混ぜる

簡単ですね。
甘口の飲みやすいカクテルです。
ちょっとカカオがきつい気もしますが。
炭酸が強いとちょうどいいかも。

ちなみにこのカクテル、
1949年に長谷川幸保氏が発表しました。
カクテルカカオの色がはじける模様はとっても綺麗だ失恋のカクテルとしても有名
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。