上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンジェルス・ウイング
今日のカクテルは「エンジェルス・ウイング」

レシピは
ホワイト・カカオ・リキュール 1/3
コニャック          1/3
生クリーム          1/3
を順番に注ぐ

生クリームが一番上に来るはずだったんですが、コニャックの比重が軽かったためか、生クリームが沈んでしまいました。
そのためコニャックが混ざってしまったけど、これはこれで面白いのでそのままにしました。
以外に混ざらないのでそのまま飲むと強い。
これは一気にあおるか、かき混ぜて飲むといいですね。
アレキサンダーもどきでしょうか??

ちなみに、本当は「エンジェル・ウィング(Angel's Wing)」が元々のカクテル
レシピは
ホワイト・カカオ・リキュール  1/2
プルネル・ブランデー      1/2
生クリーム           適量
を順番に注ぐ
こちらの亜流カクテルのようですよ。
スポンサーサイト
アイスクリーム・イン・ザ・スカイ
今日のカクテルは「アイスクリーム・イン・ザ・スカイ」

レシピは
ウオッカ            1/6
ホワイト・カカオ・リキュール  3/6
ホワイト・ミント・リキュール  2/6
をシェイク
カクテルグラスに注いだ後、チョコレートパウダーつきライムを飾る
でもないんでパス

ほんとはスカイウオッカを使うらしいですが、ないんでスミノフで代用。
サッパリ味のカクテルです。
ミントの爽快感とカカオの甘さが加わって不思議な味わい。
ミントキャンディーに近いかなぁ~。
喉がいがっぽい今はちょうどいいかカクテルですよ。
グリーン・ホッパー
今日のカクテルは「グリーン・ホッパー」

レシピは
クレーム・ド・カカオホワイト 15ml
ペパーミント・グリーン    15ml
生クリーム          15ml
を順にフロートしてプースカフェスタイルに仕上げます。

そうこれは「グラスホッパー」のプースカフェスタイルです。
なぜだかペパーミント・グリーンが沈んでしまいました。
まぁ一応3層になっていますよね。
上2層が生クリームにカカオなので甘いです。
徐々にミントの味がしてきますねぇ~。
最後はミントがきつくなります。
口の中で造る「グラスホッパー」でしょうか??
ミントが苦手な人は見た目の綺麗さと面白さは楽しめますよ。
オリジナルカクテル その11
とりあえずバレンタインらしいカクテルを考えます。

レシピは
ゴディバ・リキュール   20ml
フランジェリコ      20ml
生クリーム        20ml
をシェイク

ケーキのようなカクテルです。
ちょっとフランジェリコが多かったかなぁ~。
ヘーゼルナッツの香りがすごいです。
これはミルクで割ったほうがいいかも。
甘さは抑えられていますよ~。

ちょっと写真のピントがあってないですね。
オリジナルカクテル その10
バレンタインらしいカクテルを作ってみました。
2年前に買ったゴディバリキュールがまだあるんで。

レシピは
ゴディバ・リキュール          15ml
バタースコッチ・キャラメル・リキュール 15ml
牛乳                  20ml
生クリーム               10ml
をシェイク

モカアイスの味がする(笑)
不味くはないけど、アルコール感がしない。
飲むアイスみたいになった。
デザートカクテルです。
生クリーム飾り付けたらなおさらですね。
もうちょっと変えないといけないかも。

あ~それにしてもシェイクが下手になった。
バナナ・チョコ
今日のカクテルは「バナナ・チョコ」
バレンタインらしいカクテルですよ。

レシピは
クレーム・ド・バナナ 20ml
クレーム・ド・カカオ 20ml
生クリーム      20ml
をシェイク
グラスの縁をスプレーチョコスタイルに仕上げたカクテルグラスに注ぐ。
でもそんなチョコはないんでパス

チョコバナナの味です。
カカオはホワイトを使いましたが、ブラウンという意見もあります。
ドッチが正しいんでしょうね。
でも色的にはホワイトの方が綺麗だと思いますよ。
以外と甘さは抑えられています。
マザーズ・タッチ
今日のカクテルは「マザーズ・タッチ」

レシピは
ストロベリー・クリーム・リキュール  30ml
クレーム・ド・カカオ 20ml
クレーム・ド・カフェ   10ml
熱湯                 適量
生クリーム              少量
をグラスに入れてかき混ぜる
砕いたチョコレートビスケットを浮かべる

クレーム・ド・カフェの代わりにカルーア使いました。
カカオはブラウンです。
甘苦い不思議な味。
生クリーム入れてそのままシェイクしても面白いかも。
熱湯で割るのも珍しいかも。
甘い目が好きなので、生クリーム大目に入れるといいかなぁ~。

このカクテルは新橋清さん作
1995年 第5回 メルシャン カクテルコンペティション ウィンター部門 ゴールド賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。