上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VFSH0571.jpg
今日のカクテルは「へプファイストス」

レシピは
ホワイト・ラム      2/3
ストロベリー・リキュール 1/3
レモン・ジュース     1tsp
をシェイク
カクテルグラスに注ぎ、ラズベリーを飾る。
でもラズベリーなんてないんでパス。

あ、美味しい。
甘ったるさが押さえられてます。
すっきりした中にほんのりとした甘さがありますね。
色も綺麗ですねぇ~。
アルコールは強いので気をつけて飲んでくださいね。 

へプファイストスてどういう意味なんでしょうね?
スポンサーサイト
2009.03.25 秋葉原ビール
秋葉原ビール
第四弾は「秋葉原ビール」(日本)

ラベルには「「世界の秋葉原」日本の電気街の中心地、電気の街で生まれた秋葉原をイメージしたビールです。万世橋交差点から末広町交差点までの中央通です。
神田祭は二年に一回五月に神輿が中央通にせいぞろいします。
昔はトンボが飛んでいるようなはらっぱでした。先人たちもこの変わりようにはあっと驚くでしょう。
まずは秋葉原ビールでも飲んで一杯いかがですか。」

さらに「ワイン・シャンパン同様、自然発酵・瓶ビン内熟成の製法で造りましたので、ビン底に酵母が沈殿します。
一緒に飲んでも問題ありません。静かに注ぐと酵母はビン底に残ります。
冷暗所で保存してください。お取り扱いは丁寧に。」

相変わらずフルーティーで飲みやすいです。
苦味も少ないですしね。
「ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ」ほどではないですよ。
でもいぜん飲んだ特ほどフルーティーさが感じられない。
置き過ぎたか??
保存が難しいですね。

秋葉原と言いながら、製造者が新潟なのはなぜだ!!
ブラッド&サンド
今日のカクテルは「ブラッド&サンド」

レシピは
ウイスキー      1/4
スイート・ベルモット 1/4
チェリー・ブランデー 1/4
オレンジ・ジュース  1/4
をシェイク

レシピによってはスコッチウイスキーと明記してあるところもありますが、今回はカナディアンクラブを使用しました。
甘苦い味です。
スィートベルモットの味で好みが別れるかなぁ~。
ウイスキーの味がしないんで、ウイスキーがだめな人でものめるかも。
これも大人の味です。
2009.03.17 ゴールディ
ゴールディ
今日のカクテルは「ゴールディ」

レシピは
ホワイト・ラム      30ml
チェリー・ブランデー   20ml
コアントロー        20ml
オレンジ・ジュース    30ml
ソーダ          適量
ソーダ以外の材料をシェイク
氷を入れたグラスに注ぎ、ソーダを満たす。
オレンジの皮を飾る。
でもないんでパス

あ、これはなかなか美味しい。
甘酸っぱい味に炭酸の爽快感がうまくあっている。
夏向きのカクテルですね。

買っていた炭酸がかなり以前のものだったので、炭酸が抜けていたのは内緒だ!
2009.03.14 メキシカーノ
メキシカーノ
今日のカクテルは「メキシカーノ」

レシピは
ドライ・ジン       30ml
アマレット        15ml
ストロベリー・リキュール 15ml
オレンジ・ジュース    適量
オレンジ・ジュース以外の材料をシェイク。
氷を入れたグラスに注ぎオレンジ・ジュースを入れる。
マラスキーノチェリー、カットレモン、ミントの葉を飾り、ストローをさす。
でも上記飾りはパス

甘さの中に少し苦味のあるカクテル。
アマレットの味わいが苦手なんですが、これならだいぶ抑えられてます。
少し変わった味わいですね。
これも大人の味でしょうか。
あと作り方もこれであっているのでしょうか??
シェイクとしか書いていないからなぁ~。

ちなみにこのカクテル、1990年 第19回 I.C.C. メキシコシティ(メキシコ)大会 ロング部門 第1位
イブニング・ローズ
今日のカクテルは「イブニング・ローズ」

レシピは
ビーフィーター       5/12
ストロベリー・リキュール  2/12
ピーチ・リキュール     2/12
オレンジ・ジュース     4/12
をシェイク
カクテルグラスに注ぐ(ライムで濡らし砂糖でスノースタイルにするというのもある)

甘口の中にジンの独特の味わいがあります。
甘すぎないですね。
大人の甘さでしょうか。
アルコールはしっかりしています。
色合いがキャロットジュースみたいですが…
ウオッカで作った方が甘くなったかなぁ~。
2009.03.06 小恋路
小恋路
今日のカクテルは「小恋路」

レシピは
ドライ・ジン     2/4
チェリー・ブランデー 1/4
オレンジ・ジュース  1/4
をシェイク

簡単ですね。
ちょっと複雑な味です。
甘苦いというか、ちょっと薬草ぽい感じがしますね。
後味が苦めなので大人の味かな~。
アルコールがしっかりしているのでゆったり飲むのいいかも。

ちなみに「小恋路」は「おれんじ」と読みます。
ヒューガルデン・禁断の果実
心待ちにしていただいた方、ご無沙汰しておりました。
忘れたころに更新しますよ。

第三弾目は
「ヒューガルデン・禁断の果実」(ベルギー)

ラベルには「少しオレンジがかった淡いこげ茶色。甘く豊かなカラメル香。ふくよかな甘みとやわらかいにがみがあり、ミディアムフルボディのコクのある旨口タイプ。」

甘苦い味。
フルーティーさもあって飲みやすいです。
色が綺麗ですねぇ~。
ブラウンカラーでしょうか。
オレンジピールが入っているビールは初めてです。
ラベルの絵柄も変わっています。

ちなみにベルギービールJapanのサイトによると
http://www.belgianbeer.co.jp/lineup/detail_101.htm

ルーベンスの絵画「アダム&イブ」を下絵にしたラベルデザインで有名なビールです。程好いホップの味わいがあり、甘く濃厚な芳香とスパイシーさが漂う神秘的な味わいが魅力です。

原材料にコリアンダーやオレンジピール(オレンジの乾皮)などのスパイスを使用し、ローストモルトの味わいにふくよかさとフルーティーさを与え、上品な赤ワイン的な味わいに仕上げられています。ろ過後、瓶詰め時に2次醗酵用の酵母と少量のシュガーが加えられた瓶内醗酵タイプ。

生きた酵母をそのまま瓶詰めしている為、高級ワインのように熟成も楽しめるグルメビールです。(熱処理はしていません)肉料理、チーズと相性の良いビールです。


最後に残るオレンジピールがワインの澱みたいです。
黄金のカップ(クープドール)
今日のカクテルは「黄金のカップ(クープドール)」

レシピは
ライト・ラム     25ml
ベネディクティン   15ml
チェリー・ブランデー 10ml
オレンジ・ジュース   5ml
ライム・ジュース    5ml
をシェイク

黄金とは言いにくい色合いになりました。
チェリーブランデーの種類によって色が変わってくるのかなぁ~。
味わいは少し甘めです。
ベネディクティンが入っているので苦味もありますが、大人の味に仕上がっています。
勝利の味わいでしょうか??
アルコールは強めですよ~。

ちなみにこのカクテル、名前から分かるように日本人の作です。
森健さん作 1998年 ジャーディン W&S カクテルコンペティション スイート部門 第1位です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。