上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エメラルド・シティー
今日のカクテルは「エメラルド・シティー」

レシピは
グリーン・ミント・リキュール   40ml
レモン・ジュース         2tsp
ジンジャーエール         適量
氷を入れたタンブラーに注ぎ、軽くステアする

ミントリキュールが40mlも入っているので、モンダミンみたいな味かと思っていましたが、意外と甘くて飲みやすい。
夏向きのさっぱりした味ですねぇ~
色もきれいです。

ちなみにこのカクテル、サントリースクールの花崎一夫氏のオリジナルカクテルです。
スポンサーサイト
2010.04.26 ラム・バック
ラム・バック
今日のカクテルは「ラム・バック」

レシピは
ラム       45ml
レモン・ジュース 20ml
ジンジャーエール 適量
グラスに入れてかき混ぜる

簡単ですね。
今までなんで作らなかったんだろう??
さっぱりした飲みやすいカクテル。
意外と甘さ控えめなんですね。
甘口のジンジャーエールを使ってこれならば、辛口を使えばかなり大人なカクテルです。
レモンを絞って入れればなお美味しいかも。
2010.04.22 バハマ・ママ
バハマ・ママ
今日のカクテルは「バハマ・ママ」

レシピは
ゴールド・ラム       45ml
オレンジ・リキュール    15ml
オレンジ・ジュース     30ml
レモン・ジュース      15ml
アロマチック・ビター    1dah
をシェイク
氷の入ったロックグラスに注いで、カットオレンジを飾る。
でもオレンジはないのでパス

これも飲みやすい。
ラムが45mlも入っているのにアルコールを感じない。
さっぱりしたカクテルです。
これも夏向きかなぁ~。
女性向けな感じです。
カナディアン・チェリー
今日のカクテルは「カナディアン・チェリー」

レシピは
カナディアン・ウイスキー     40ml
チェリー・ブランデー       20ml
レモン・ジュース         10ml
オレンジ・ジュース        10ml
をシェイク
チェリーブランデーで砂糖をスノースタイルにしたロックグラスに注ぐ
でも面倒なのでスノースタイルはパス

甘口の飲みやすいカクテル
ウイスキー独特の味がしないですね。
ジュースみたいです。
でも飲みすぎると危険です。
アルコールの方が多いですから。
ラム・オアシス
今日のカクテルは「ラム・オアシス」

レシピは
ホワイト・ラム      30ml
オレンジ・ジュース    60ml
チェリー・ブランデー   1tsp
ジンジャーエール     適量
ジンジャーエール以外をシェイク
氷を入れたグラスに注ぎ、ジンジャーエールを入れる
レモンピールを絞って落とすらしいがないのでパス。

甘くてさっぱりして美味しい。
ジンジャーエールが甘口なので余計に感じますね。
夏場にいいですねぇ~
ジンジャーエールの量を増やして炭酸のさっぱり感を増やして飲みたいですね。
クローバー・ナイト
今日のカクテルは「クローバー・ナイト」

レシピは
ウイスキー(アイリッシュ)    2/5
ベイリーズ            2/5
ピーチ・リキュール        1/5
をシェイク

キリスト教の三位一体の象徴であり、アイルランドの象徴でもあるクローバーをあしらったカクテルだそうです。
アイリッシュ・ウイスキーがないのでカナディアンを使ってしまいました。
甘口の飲みやすいカクテル。
意外なカクテルです。
アルコールは強めですが飲みやすい。
しばらく置いておくとベイリーズが沈んで面白い感じになりますね。
甘党にはお勧めです。
カナディアン・ミント・トニック
今日のカクテルは「カナディアン・ミント・トニック」
とうとう300作品目ですよ。
何個かダブっているのは内緒だよ

レシピは
カナディアン・ウイスキー      45ml
グリーン・ペパーミント・リキュール 10ml
トニックウォーター         適量
コリンズグラスに入れてかき混ぜる

ロックグラスに入れてしまいましたが、そう快感のある味。
ただミントにウイスキーなので好みが分かれるかなぁ~。
ハイボールよりそう快感があります。
ライムを落とすと飲みやすいかも。
うす緑の色合いがきれいですねぇ~。
気にいるか気に入らないかは、あなた次第です!
2010.04.01 細雪
細雪

今日のカクテルは「細雪」

レシピは
ドライ・ジン     30ml
グレープ・ジュース  45ml
生クリーム
ドライ・ジンとグレープ・ジュースをロックグラスに入れてかき混ぜる。
生クリームを浮かべる。

名前から分かるように日本人、森川桂典さんの作
紫色に生クリームの白が浮かんでいる。
味は微妙かなぁ~。
ジンによって甘さがなくなっている。
シロップを入れた方がいいかも。
見て楽しむカクテルです。
クラッシュドアイスを使うレシピもあるようです。
この季節にはいいですね。

ちなみにこのカクテル、1956年 サントリー ホーム カクテル コンクール 優勝作品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。