上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒューガルデン ホワイト
第六弾は「ヒューガルデン ホワイト」(ベルギー)

ラベルには「生きた酵母を加え、びん内で二次発酵させた自然な濁りが特徴です。オレンジ、コリアンダーの香りがあり、爽やかな酸味が楽しめます」

サッパリしたのみ安い味。
甘さはあんまりないですね。
苦味もあんまりないので軽く飲むのにいいですね。
でもホワイトなのに白くないのはなぜ??

ちなみにベルギービールJapanのサイトによると
http://www.belgianbeer.co.jp/lineup/detail_1.htm

原材料にミネラル豊富な水、大麦モルト、小麦、ホップ、の他にコリアンダーやオレンジピール(オレンジの乾皮)等のスパイスを使用し、「フレッシュ&フルーティー」な味わいが楽しめます。

一切ろ過及び加熱を行わず、瓶詰め時にも2次醗酵用の酵母と少量のシュガーを加え、瓶内(樽内)醗酵が行われ熟成が楽しめるビールです。

生きた酵母をそのまま瓶詰め(樽詰め)している為に、淡黄色 で乳白色のナチュラルなビールとなり、ホワイトビールの最大の特長である「白」を主張しています。魚貝料理と相性の良いビールです。 (小西ベルギービールHPより)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://neetneko.blog51.fc2.com/tb.php/291-1efc8f91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。